これからの道しるべ 障害福祉の現場で働く森本しおりのブログ

ADHD当事者が、障害福祉の仕事を通じて見つけた処世術を書きとめていきます。 ジャンル:発達障害、メンタルヘルスなどなど

病気になるかどうかって、どこで分かれるんだろう。遺伝、環境、性格、能力を考える。

5年前の話なんですが、新卒で入った会社で私は同期が30人くらいいた中で最も早く「病気で退職」することになったんですね。

 

今になって「ADHDあるある」だとはわかるんですが、これを「二次障害」で終わらせたくないんです。

だって、ADHDでも病まない人もいるし、逆に健常者でも仕事を始めて精神疾患を抱える人もいるじゃないですか?

 

今回は

「同じ環境に置かれて、病む人と病まない人ってどこが違うんだろう?」を掘り下げていきます。今回、環境のハードさは他の人と同じだったので、それは省かせて頂きます。

 

パッと思いついた選択肢は2つでした。

 

①自分にまつわる要因

(遺伝、性格、能力、成育歴)

②相性

(仕事との相性、周囲の人との相性)

 

 

ブログの1記事の分量におさえるために、かなりザックリいきます!

 

①自分にまつわる要因の判断基準は「仕事を変えても、同じ問題が起きるかどうか」

 

自分にまつわる要因ってたくさんあります。

一個言えるのは「仕事を何個変えてもダメ」「同じようなところでつまずく」なら、自分の要因が大きいのかな、と思います。

 

自分はどこでつまずくのか、何が苦手なのか。

時間がかかっても、めんどくさくても、対処を考えていく必要があるかもしれません。

長時間労働すると体調を崩すとか、仕事の特定の部分が苦痛なのか、職場の人間関係が悪くなって居づらくなって退社するのか、単純作業だと飽きちゃうとか、色々あると思います。

 

逆に、何があれば続けられるっていう支えの部分も大事だと感じます。

会社の理念に惹かれていれば続けられるのか、それとも自分の時間があればリセットできるのか、給料が高ければ多少の我慢はできるのか。人によって違います。

 

働き始める前に、自分にとって重要なことをあまり分かっていない人は意外と多いと思います。

 

 

相性を確かめるには、別のことにチャレンジするしかない

 

新卒で入った一社目がだめだった人って、私以外にもいました。いわゆる第二新卒という人たちです。

パッと転職して次の会社で上手くやっている人もいました。そういう人は相性が悪かったと言ってもいいと思います。

きっと、一社目でうまくいかなかった理由と、次にどういう会社を選んだらいいのかを把握していたんでしょう。

 

相性と一言で言っても、たくさんあります。

業界、職種、企業、サービスの対象者、職場の人間関係。会社の規模や、トップとの相性なんていうのもあります。

 

私の場合、サービスの対象者と会社の規模はすごく大きいです。

同じ障害福祉でも、対象を成人から子どもに変えたこと。そして、会社の規模が大きくて人事異動もよくある会社から、規模が小さく固定メンバーで働けるようになったことの2つの影響は大きくありました。

 

 

まとめ 「失敗しても立ち上がって、新しい挑戦ができる人は強い」

 

ADHDでも、二次障害にならない人もいます。

逆に、発達じゃなくても働き始めてメンタル病んじゃう人もたくさんいます。

「同じ環境でも、病む人と病まない人はどこが違うのか」を自分の要因と、相性の二つの側面から検討してみました。

 

多分、病んでしまう人の中に多いのは、自分の要因が大きい人じゃないかと思っています。それには、一つ一つ知って対処法を地道に考えていくことです。

でも、自分の要因だけでなく、相性で解決できる部分もあります。いくつも要因ってあり得ます。

 

 

 

私が一つ言えるのは

「いっぱい失敗しても大丈夫なんだ、と思える人は強い」ということです。

傷つかない人じゃなくて、傷ついても立ち上がれる人。

失敗しない人じゃなくて、失敗から学んでまた新しい挑戦をできる人。

 

私の場合、ADHDだったことよりも「失敗したら、一巻の終わり」という思い込みが大きく影響したことで、限界まで無理をしてついに病気になっちゃった気がします。

 

病気はしないに越したことはないと思っています。

でも、それで初めて見えてきたことが多いのもまた事実です。病気をしたことをきっかけに色々見直して修正したことで、病気をする前より楽になりました。

 

辛い時に、声をかけてくれた人は今でも忘れません。こういう人を、恩人って呼ぶのでしょう。

 

 

個人的に

「世の中、そう捨てたもんじゃないな」と思っています。