これからの道しるべ 障害福祉の現場で働く森本しおりのブログ

ADHD当事者が、障害福祉の仕事を通じて見つけた処世術を書きとめていきます。 ジャンル:発達障害、メンタルヘルスなどなど

どうして社会福祉のわかりやすいサイトってないんでしょうか?

わかりやすく社会福祉を説明してくれるサイトが、ほぼまったくないことに改めて驚いています。

なんででしょうか?

 

私が言っているのは、専門誌のような社会福祉関係の仕事をしている人が役立つサイトということではありません。

誰もが関わりがある社会保障とかの制度の話です。

 

「福祉は申請主義だ」と言われていますが、その通りで「知らないと損する情報

」がたくさんあります。その情報はどれもこれもめちゃくちゃアクセスしづらいです。

 

例えば、医療費。

医療費って高いですよね・・。3割負担だとしても、かなり家計に響きます。治療費が捻出できなくて、通院を続けられない人もいると思います。でも、いくつか方法があります。

 

年間の医療費が10万円を超える場合は、確定申告などで申請すれば一部お金が戻ってきます。知ってました?

 

自立支援医療というものもあります。

継続的に医療費を負担しなければならない精神障害の人などは、申請すると医療費が1割負担になることもあります。知っていました?

 

高額療養費の払い戻しというものもあります。

世帯収入によって、医療費の自己負担額は決まっています。もっとも所得が低い区分の場合は、月額35,400円を越える医療費は払い戻しされます。知っていましたか?

 

ザックリした説明だと、誤解をまねくからかもしれません。

でも、どこにどういう制度があるのかすら知らない人がほとんどだと思います。

さらには、今病院にはMSW(メディカルソーシャルワーカー)という、経済的な負担に関する相談に乗ってくれる人がいる病院も増えています。

 

社会福祉の制度って、厚生労働省のホームページを見るか本を読むかくらいしか情報源がないんです。厚生労働省のホームページは、まったく知らない人が読んでもわかるページもあります。ただ、基礎知識がないとどこにどんな情報が載っているか見つけるのは難しいです。

 

私のことで言えば、仕事を退職した後の手続きに困りました。

自分で年金に入り、母の扶養に入って健康保険証をもらいました。

さて、いくら稼ぐまでは健康保険証を持っていていいのか?

正解は、「前年の1月から12月の収入が130万円以下の場合」でした。

「103万の壁って聞いたことあるけど、130万なの?」ということはなかなか知りませんでした。

 

こういうことって、困ってはじめて知りました。でも、調べ方もなかなかわからないんですよね。

 

需要、あると思うんだけどなぁ・・。