これからの道しるべ 障害福祉の現場で働く森本しおりのブログ

ADHD当事者が、障害福祉の仕事を通じて見つけた処世術を書きとめていきます。 ジャンル:発達障害、メンタルヘルスなどなど

毒親、アダルトチルドレン、虐待、愛着障害についての本4選

毒親、家族依存症、アダルトチルドレン、虐待、サバイバーは、どれも全然ルートが違うものの同じ意味合いを含んでいます。

 

どれも、「子どもに現れる病理」を「家族関係から見ていく」という共通点があります。本人に原因を求めるのでなく、関係性により病んだという見方です。

厳密に見ていくとそれぞれ定義が違うと思いますが、つながる部分もあります。

 

ちなみにこの辺りの本は私60冊以上?は読んでいます。どの人のどの本が良いのか?をお伝えしたいと思います。なるべく、個人的な好みではなく、手に入りやすく、世間的な評価も高い本で、実際に読んでよかったものをご紹介します。

 

まずは、現代の日本の精神科系編です。

 

「依存症」信田さよ子

 

文春新書『依存症』信田さよ子 | 新書 - 文藝春秋BOOKS

 

 

信田さよ子さんは、今、もっとも有名なカウンセラーと言っても過言ではないのではないでしょうか。

アルコール依存の精神病院で勤めていた経験あります。アダルトチルドレン、DV、アルコール依存などの書籍を多く書かれています。母と娘の関係についての本も多いです。何冊読んでも面白いですが、まずはこの一冊をお勧めします。とっつきやすいですが、奥深いです。

 

愛着障害」 岡田尊司

愛着障害 岡田尊司 | 光文社新書 | 光文社

 

発達障害、メンタル、親との確執系を抱えているなら、一度は読んだことがあるはず。岡田さんの「愛着障害」です。

この方は、医療少年院で勤務されていた経験から、犯罪を犯す人の中には悲惨な家庭で育った人が多いことを知ったそうです。人が育っていく上では、愛着の安定が必要だということです。

「好きだけど、ものすごく憎い、不安定になる」とか「そもそも好きという感情がない」なんて人たちを紐解いていきます。

 

「シゾイド人間 内なる母子関係をさぐる」小此木啓吾

『シゾイド人間』(小此木 啓吾,長 新太):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部

 

ちょっと古い本なので、古本屋やネットでないと売っていないかもしれません。でも、小此木さんの本は本当におススメです!一番有名なのは「対象損失」ですが、アダルトチルドレン系の人には、こっちの方が最初は読みやすいかと。

 

いわずと知れた日本の精神分析医の小此木さんは「傷つくことを恐れて、誰とも深い関わりを持てない人の心理」のスペシャリストです。「モラトリアム」という言葉を広めたのもこの方です。

なぜ、関わりを持てないのか?今、社会はそのためにどう変化しているのか?専門的な内容を心理学なんて読んだことがない人にでもわかりやすく書いてくれています。

 

「ひきこもりはなぜ「治る」のか?精神分析的アプローチ」斎藤環

www.chikumashobo.co.jp

著者は、「引きこもり」の権威と言っても差支えないでしょう。ひきこもりに関する本を多く書かれています。

ひきこもりは、もちろん親子関係と関係があります。「どう接したらいいの?」といった実際のアプローチもたくさん書かれていますが、この本は「引きこもりが起こるメカニズム」について書かれています。途中、「む、むずかしい・・」となる部分もあるかもしれませんが、すべてを理解できなくてもいいのではないでしょうか。

私は、これを読んで「治る」過程が想像つくようになりました。それだけでも十分収穫です。

 

以上、アダルトチルドレンに関する本、日本の精神科系4選でした。

ザックリ言うと

 

依存症(アルコール、ギャンブル、セックス、酒、買い物)に悩む人→信田さよ子さん

親しい人との関係性が築いても破壊的になる、もしくは一切築けない、精神面で不安定な人→岡田尊司さん

誰とも深い関わりを持てない、何かを選ぶことができない人→小此木啓吾さん

引きこもりに悩む→斎藤環さん

 

以上のように、悩み別で考えてもいいかもしれません。

ちなみに、日本の心理学系の本は大体、外国で生まれた理論をもとに書かれています。ここに挙げた本は、心理学で言うと「精神分析」と呼ばれることが多いジャンルです。精神の病理を家族関係から読み解いていくのは、精神分析なのです。もとを辿れば、フロイトです。

 

そのため、日本の本は入門編にはとてもよいと思うのですが、本格的に知りたい方は原典を辿ることになります。そうすると、外国編にもつながっていきます。

 

さらに「専門書は読みづらい」という方は虐待を扱ったルポルタージュや、ノンフィクション、当事者の告白系の本もあります。同じテーマでも、どの立場から描かれているかで内容は変わるものです。

 

いずれ、他のジャンルもご紹介したいと思います。