これからの道しるべ 障害福祉の現場で働く森本しおりのブログ

ADHD当事者が、障害福祉の仕事を通じて見つけた処世術を書きとめていきます。 ジャンル:発達障害、メンタルヘルスなどなど

1年で100冊本を読む

1年で100冊本を読むと決めて、今年で3年目になります。

 

どうやら、月に7冊以上読む人は読書量だけで言えば上位4%だそう。

50%近くの人が、月に1冊も読まないらしいですから。

 

私は、大学で高校の国語の教員免許をとりました。

周りにさぞかし読書好きが多い・・かと思いきや、まったくいませんでした。

 

高校の教員免許とっている人でも「活字はちょっと・・」と言う人、多かったです。日本文学科の授業も受けましたが、周りで本を読んでいる人なんかほとんどいませんでした。

 

読書って、すごいながーーい目で見て行かないとためにならないものです。

すぐに効果なんてまず出ない。

 

50インプットしたら1アウトプットできる、という数字を聞いたことがあります。

でも、本当は比率として「もっと少ないんじゃないかな?」と思います。

50冊読んでも1冊書けないですし。

 

でも、筋トレのように続けていくと確実に世界の見え方が変わると思います。

ものの見方、自分の考え方を新しくしていく。

 

それには読書が一番だと信じています。