読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDと薬

 

ADHDと薬 

ADHDって診断されたけど、薬飲まないといけないの?

そう思う方が多いと思います。

私もとても悩みました。

「どんな人生をこれから歩みたいのか?」

それによって答えは変わってくるのではないかと思います。

 

ADHDには治療薬があります。

日本で処方されるのはコンサータストラテラの2種類です。

ADHDは脳機能の障害なので治ることはありません。

飲まなくてはいけないのだろうか?

飲み始めたらいつまで飲むのだろうか?

私は激しい葛藤がありました。

 

薬害への恐れ

薬というのは、今「絶対に安心!」と言われていても

数十年後になって「すみません。安全じゃありませんでした。」と副作用が発表されてもおかしくないものだと思っています。

脳や神経に効く薬は、適切な使い方をしないと恐ろしいものです。

 

私は、福祉施設に勤めていた関係で重い精神疾患の人に多く会いました。

強い薬を処方されている人というのは、ぼんやりとして表情が無くなっていきます。

「穏やか」と言うことも可能です。

それでも、それを心から良いとは思えませんでした。

 

どんな人生を歩みたいか

私は薬を飲んでいるか?

答えはイエスです。

 

 

理由は簡単です。

私はADHD症状により、他人の信用を失ってきたからです。

仕事で、マルチタスクが出来ません。

ミスも多く、疲れると居眠りもしてしまい、他人の信用を失います。

クローズ就労をしているので、言い訳も出来ません。

衝動的な発言や、感情の不安定さから親しい人間関係も次々に壊れていきました。

喧嘩が絶えずありました。

これはADHDだけではありません。

私の性格も、成育歴も、色々な要素が複合的に関係しています。

 

それでも、私はストラテラを飲み始めてから感情が安定しました。

 

薬を飲んでわかってきたこと

薬を飲んでよかったのは、今までの生活を一歩引いて見ることが出来ることです。

ADHDは一見してそこまで重い障害に見られません。

それでも、多くの失敗を重ねてきました。

色々な人の信用を失ってきたのだと思います。

 

私は、これから自分の症状について他人に話していこうと思います。

障害を打ち明けることでなく、苦手なものを他人に頼むようにします。

失敗を隠すのでなく、得意なことをどんどん伸ばしたいと思います。

 

少しでも、自分と周りを大切に出来るように。