これからの道しるべ 障害福祉の現場で働く森本しおりのブログ

ADHD当事者が、障害福祉の仕事を通じて見つけた処世術を書きとめていきます。 ジャンル:発達障害、メンタルヘルスなどなど

福祉のお仕事

やりたいことを見つけるということ。

就職活動でも、何でも「あなたのやりたいことは何ですか?」と聞かれる場面があります。私はこの質問がとても苦手でした。 「やりたいこと」って、自分の今まで「やってきたこと」の中からしか見つけられません。私は、「やりたくないこと」だけは大量にあっ…

ほんとうに「早期診断・早期治療」がベストなんですか?

素朴な疑問なんですけど 発達障害の本にはどれも口をそろえて「早期診断・早期治療がベスト」と書かれています。 ほんとうに、診断って早ければ早い程いいんですかね?? 診断がまさかの27歳という、「診断が遅かった人」として考えてみます。 早期診断でよ…

見守り育てることと、監視し管理していくことは紙一重

仕事をしていると、思わず首をかしげたくなる瞬間があります。 「これ、余計なお世話じゃない?」 「成長の機会を奪っていない?」 どこまで手出し、口出しするかは段階がある 福祉の仕事には、どこまで手出しをするのかの段階があります。 もっとも重い人は…

【ブックレビュー】『兎の眼』を読んで考えた、障害児教育について

昔から、「教師モノ」のドラマや本が嫌いでした。押し付けがましく、熱血漢な教師というものに対する反発から来ていたのだと思います。大学では教育学を学ぶも「学校教育が好きになれない」と思って教師にならなかった私は、無意識のうちにすべての「教育に…

暴力への対応は、風の谷のナウシカをお手本にしたい

みなさん、映画の「風の谷のナウシカ」を観たことがありますか? あらすじはこちら。 ”アニメ雑誌「アニメージュ」誌上に連載されていた宮崎駿の同名漫画の映画化。宮崎駿監督自身が、監督、脚本を務めた。高度な産業文明を破壊させた「火の七日間」と呼ばれ…

「子どもが言うことを聞いてくれない」「遊ばれてしまう」と悩む先生に送る言葉

「私、今日来ている子ども、誰も動かせなかった・・・」と一日の終わりに落ち込んでいるA先生(仮名)がいました。 たしかに、福祉の世界では 「手ごわい利用者(子ども)を動かせる人=有能な職員」という雰囲気があります。でも、この言葉を聞いた私は少し…

「どこでもドアって、あえてしずかちゃんのお風呂場に連れて行っているよね」といった子どもの話

小学校4年生Y君(仮名)の観察力に圧倒された時の話を聞いてください。 Y君「どこでもドアってさ、すごいよね。だって、しずかちゃんのお家に連れて行って、と思ったら毎回お風呂場でしょ?」 私「たしかに。」 Y君「これ、しずかちゃんのお風呂シーンを覗…

注意をされた時に清々しく謝ることができるか?

素直に自分の非を認めることは、案外むずかしいです。でも、自分の非を認められる人の方が明らかに仕事場で成長をしていきます。 先日、放デイのミーティングの際に4人くらいが同時に注意をされる場面がありました。 その日は、子ども達と一緒に調理をする日…

子どもに真正面から「先生は男?女?どっちかわからない」と言われた時の話

子どもはまっすぐ疑問をぶつけてくるから面白いです。 私は障害児の通う放課後等デイサービス(以下放デイと略)で働いています。ちなみに、身長は161cm、髪の毛はベリーショートでお化粧をしません。服装もメンズっぽいので、町を歩いていてもチャラチャラ…

他人が変化に気づくのは、コツコツ積み重ねた努力が実を結んでから

最近「他人は努力する過程ではなく、うまくいった結果を見るのかもしれない」と思います。え、当たり前ですか?私にとっては、衝撃だったのですが。 他の人から褒められることって大概、自分が苦痛でも乗り越えようとしている段階とか、新しいチャレンジをす…

どうして社会福祉のわかりやすいサイトってないんでしょうか?

わかりやすく社会福祉を説明してくれるサイトが、ほぼまったくないことに改めて驚いています。 なんででしょうか? 私が言っているのは、専門誌のような社会福祉関係の仕事をしている人が役立つサイトということではありません。 誰もが関わりがある社会保障…

不幸に慣れる

障害福祉の現場で働いて、早4年半。 様々なお金の苦労や、ドロドロとした家族関係、暴力の歴史に、精神的不調を見すぎて若干、慣れてきました。幸せかどうかは本人が決めることなので、私が言うとおこがましいですが、不幸の免疫、耐性がついてきました。 …